豆腐メンタルマミー

二児の母、産休・育休が終わり家事、仕事、育児に奮闘するスーパー主婦を目指す豆腐メンタルマミーです

MENU

見習ってる子育て

 

最近、何か言えば

「だって」「でも」を連発する長女さん。

 

「だってじゃない!」「言い訳せんの!」と

言いたくなったり、言ってしまったりなのですが

以前、尾木ママの講演会へ参加させてもらった時に

「言い訳したっていいのよ♡

 させてあげるの♡」

とおっしゃっていたのを思い出しました。

 

親の見た瞬間が全てではないから。

その前後の出来事に理由があるかもしれないから。

言い訳でもなんでも

その子の理由をちゃんと聞いてあげてと。

理由も聞かずに怒っちゃダメよって。

 

それから、「どうしたの?」は魔法の言葉。

子供が泣いてる時、怒ってるとき

意地悪した時、嘘をついた時

まずは「どうしたの?」って声をかけて

その子の言い分を聞いてあげるのよ♡

 

等等。心に響くお話を聞くことが出来ました。

 

ママに言っても怒られるだけ。と思って

嘘をつかれたり隠し事をされるのは悲しいので

ママはちゃんと話を聞いてくれる人。になれるよう

尾木ママに教わった事を実践中です。

 

もう1人、真似をさせてもらっている子育てがあって。

それはみやぞんのお母さんです。

 

みやぞんの幼少期の事をテレビで見たとき

人の家の物を壊してしまったみやぞんに

お母さんがかけた言葉は

「隠さず話して偉かった!」(みたいな言葉)でした。

 

これを見て感動した私は

娘たちが何か悪い事をしてしまった時

「内緒にせず話してくれてありがとう」って

言えるようになりました。

 

怒られる事を覚悟していたであろう長女は

「えっ?怒らないの?」って表情を一瞬した後

すごく安心した表情に^ ^

 

話しても怒られないと思えた長女は

隠そうとするのではなく

きちんと経緯をお話してくれるようになりました。

 

とは言っても

「ママ、壊しちゃった〜(こぼしちゃった〜)」と言ってくれた時に

「なんで?!」とキツイ言い方をしてしまう事もあります。

 

でもその後に

「じゃなかった・・・

 正直に話してくれてありがとう」と訂正。笑

 

次女も一丁前に口答えするようになってきたので

なんだってーーーー??!!と

プリプリする事が2人分に増えていますが

良いと思った事は真似する精神で取り入れて

娘2人と向き合っていきたいと思います*