豆腐メンタルマミー

二児の母、産休・育休が終わり家事、仕事、育児に奮闘するスーパー主婦を目指す豆腐メンタルマミーです

MENU

主人に究極の選択

こんばんは⭐︎

ブログを読んで下さりありがとうございます♡

 

昨年の夏頃に旦那さんが転職して、前職より休みが増えました。

勤務の日も出勤時間が遅くなったので、家にいる時間も増えて嬉しい私^ ^

な の で す が!!

どうしても目についてしまう時があるわけです。。。

何もしない事が←

 

ゴロゴロする時間があるなら、携帯見る時間があるなら、何か一つでも家事を手伝ってくれないかなぁ…自分のお皿くらい洗っておいてくれないかなぁ…と思ってしまうんです。

もうこれ、夫婦の永遠の課題なんですかね?

結婚して10年。何度この問題を繰り返したか。

 

共働きなのに家事育児の9割を私がやってる事に気付いてほしい。

同居でママが助けてくれてるけど、ママは主人の代わりじゃない。

体力的・気持ち的にも余裕がない時は、日頃掻き消してるモヤモヤが爆発してしまう。

と伝えた上で、主人に提案をしました!

もう少し家事育児を分担してくれるか、私をとにかく褒める係になるか。どっちがいいか選んでと。

 

家事も育児も嫌々やってるわけじゃないんです。どっちもやりたくてやってること。

だから、私のやる事を減らしたくて手伝ってほしいわけじゃなくて。(手伝ってくれたらもちろん嬉しいけど。笑)

私がやってる事を《当たり前》の事として見られるのがすごく嫌で悲しいんです。

 

当たり前と思ってないなら、もう少し手伝ってほしい。当たり前と思ってないなら私がやってる事を褒めて欲しい。

そんな思いから、私を褒める係という新しい提案をしました。

 

結果《褒める係するよ》との事だったので、時々褒めてアピールをしつつ(笑)、些細な事も褒めてもらっています✳︎

私も単純なので、褒めてもらうとより頑張れるし、頑張る事を楽しめる。

もちろん褒めてもらう為にやるわけじゃないけど、主婦もママもあんまり褒められる事ないから、1番の理解者でいてほしい人に褒められると力になります^ ^